ペアーズ・タップル・Omiai・Withを同時期登録して比較してみた!オススメは○○だ

Pairs最新情報・体験談・オススメサービス紹介
  • 『マッチングアプリで調べると広告や業者のサイトばっかりで、なんとなく信用ができない』
  • 『もっと個人の意見が聞きたい』
  • 実際に登録してみた結果も知りたい

と感じていませんか?

そんな

【どっかの誰か、実体験を含んだリアルなマッチングアプリを総評してくれないかなぁ〜〜】

という希望を叶える記事になっています。

7年間、マッチングアプリを漁りにあさってきた、筆者が2022年6月に1ヶ月、男性有料会員として4つのマッチングアプリに登録し

  • いいね数
  • メッセージ数
  • LINE交換数

を比べ、独断と偏見で恋活アプリの特徴とメリット、デメリットをご紹介していきます。

うえっち
うえっち

今回比較するのは、真剣恋活・婚活向けで人気の下記4つのアプリ!

マッチングアプリ名主な登録年代累計登録会員数特徴

ペアーズ(Pairs)
20代〜40代1,500万人以上日本最大級のマッチングアプリ。
会員数が最多でシンプルで使いやすい

タップル
20代〜30代前半1,400万人以上『お出かけ機能』や男性からのいいねが無料で大量に送ることが出来る。
出会いの母数が多い

Omiai(オミアイ)
20代後半〜40代800万人以上恋活より、婚活目的で使用される
年齢層が4つアプリでは一番高い。

With(ウィズ)
20代〜30代600万人以上占いや相性診断から相手を探すことが出来る。
運営からのアドバイスも多い。

2022年6月に1ヶ月間、同じプロフィール・写真でマッチングアプリに登録したことで

他の記事には載っていない30歳の男が登録したら、どうなるのかが分かるリアルな記事になっています。

愛ちゃん
愛ちゃん

男性の実験結果なら、女性の自分は関係ないね…

感じてる方も、ちょっと待って下さい!

異性と出会いたくて、マッチングアプリに登録するなら、男性側の視点も手に入れることで、本当に出会えるアプリが分かります。

また各アプリの特徴については、男性も女性も同じです。

男性・女性関係なく、どれに登録しようか悩んでる方には、当記事を一度読むだけで自分に合うマッチングアプリを選べるようになるので必見です。

うえっち
うえっち

今回は僕の独断と偏見による感想も含めた内容です。

各アプリについてキツイ口調の部分もありますが、一個人の意見として受け取ってください。

【最新】2022年6月にペアーズ・タップル・Omiai・Withの人気マッチングアプリに実際に登録してみた

今回の登録の目的は、全くおなじ条件で始めた場合にどのアプリが

どれだけの異性とメッセージができ
LINEを交換出来るか

をご紹介していきます。

2022年6月に登録した条件とプロフィール紹介

メイン写真
サブ写真
うえっち
うえっち

うえっちのプロフィールは上記の通り!

イケメンと言われたことはない、そこらへんにいる一般的な会社員です。

今回のマッチングアプリを比べる条件として

  • いいねを押すのは会える範囲の京都・滋賀・大阪・兵庫・奈良のみ
  • 有料会員登録以外の費用は使用しない
  • 6月1日〜15日どのアプリでも無料のピックアップ会員のみにいいねを送る
  • 6月16日〜29日までは10いいねまで、各アプリで検索相手よりいいねを送る
  • 10通程メッセージをしたのちにLINEを交換を依頼する

という内容で行いました。

一般ピーポーのうえっちがどんな結果になっていたのか!?

ここから、各アプリとのそれぞれの結果と結論をご紹介していきます。

マッチングアプリを1ヶ月4つ試した結論→どのアプリでも出会える!だからこそ使いやすさと出会いの幅が広いペアーズ(Pairs)は良い!

うえっち
うえっち

2022年、6月に1ヶ月間真剣にマッチングアプリを4つしてきた結果がコチラ…!

アプリいいね数メッセージ相手数LINE

ペアーズ(Pairs)
79いいね50人4人

タップル
8いいね
(いいかも返信数222)
56人2人

Omiai(オミアイ)
51いいね
いいね返信数
合わせて85いいね
53人3人

With(ウィズ)
9いいね
返信合わせて45いいね
31人1人
結果一覧

今回の目的であるLINE交換まではどのアプリでも達成することが出来ました。

(※筆者は真剣恋活中なので、その後LINE交換した相手とは食事したとか、しないとか。。)

どのアプリも実際に使った感想としては、

人気の4つのアプリならどれでも出会うことが可能

であることを実感しましたが、どのアプリにも特徴があって、登録する方の目的や性格によって成功率が変わってくることも体感できました。

『結局どれがいいねん!?』って方は、仕組みが使いやすく、会員数も多いことで、僕自身7年間使ってきた

がオススメです。

詳しくは後述しますが、各マッチングアプリを大きな特徴の違いは、

  • 登録してる会員の年代
  • 登録してる会員の目的
  • メッセージまでたどり着く難易度
  • 会うまでの難易度

の4つになってきます。

うえっち
うえっち

僕自身が感じた特徴を、カンタンに比較した表はコチラ。

アプリ年代目的メッセージ
まで難易度
LINEまでの難易度
(1〜9)

ペアーズ(Pairs)
会員数が多く
20〜40代まで
幅広く登録
恋活・婚活
(初心者が多い)
3
メッセージまでは会員数も多くカンタン
5
選ばれる努力が必要

タップル
20代が多く4つアプリでは1番若い恋活が多い
パパ活のような使い方もされてる…!?
2
マッチング数は1番多い
3
会うことはカンタンだが
お金がかかる

Omiai(オミアイ)
20代中盤〜30代後半までが多い結婚を視野に入れた恋愛・と真剣婚活5
年収・プロフィールが重視される
7
メッセージを重ねる必要があるが丁寧にメッセージを返してくれる方が多い

With(ウィズ)
20代中盤〜30代前半が多い恋活
興味本位の方が多い印象
7
性格診断やいいねを押すまでに
時間が掛かる
4
相手次第だが、アンケートや心理テストで判断出来る
結果一覧
愛ちゃん
愛ちゃん

どのアプリに登録するかは、自分の性格や目的で判断しようね。

後述の各アプリの特徴を詳しく説明してるから、気になった方はぜひ目を通して見てね。

→目次に戻る

実際に試して分かった。各マッチングアプリの特徴と1ヶ月比較した感想

マッチングアプリ4つを同じ時期に登録してみた

ここから実際に登録した各アプリでの、体験結果と特徴を細かくご紹介していきます。

ペアーズ(Pairs)

ペアーズ(Pairs)の1ヶ月登録した結果はコチラ

うえっち
うえっち

前回登録時には100いいねを超えたのに、今回はいいね数が少なく悔しいです。

使って分かったペアーズ(Pairs)の特徴

初心者にオススメ出来る
会員数の多さと使いやすさ

がペアーズ(Pairs)の特徴になります。

ペアーズ(Pairs)は今現在、出ている情報の中では会員数が最大級で実績充分のマッチングアプリになっています。

そのため、どの年代でも、どの地方でも出会いを演出できます。

また会員数が多いことで、プロフィールや自己紹介文を変更した際には、ほぼ確実に反応があります。

プロフィールを変更すると足跡がつきやすい
うえっち
うえっち

今まで全くマッチングしなかった相手ともマッチングしたり、足跡がつくようになったりします。

そのため、マッチングアプリ初心者や恋愛経験が少ない方でも、登録をすることでどのプロフィール異性に受けがいいのかを研究できたり

異性への自分の見せ方を1つ1つ勉強できます。

昔から感じていましたが、ペアーズ(Pairs)は

恋愛が出来る自分に変身できるアプリ

だと感じます。

うえっち
うえっち

自分がどれぐらい、異性にモテるのかが『いいね数』や足跡で判断することが出来ます。

まず、初心者の方がマッチングアプリを初めて登録するならペアーズ(Pairs)から!

というのが実体験でも周りの評判でも太鼓判を押せるアプリとなっています。

ペアーズを使って分かったメリット

ペアーズ(Pairs)は良くも悪くも

自分に左右される

マッチングアプリです。

ペアーズ(Pairs)のメリットは

ペアーズ(Pairs)のメリット
  • 新規会員が多いので、出会いの母数が圧倒的に多い
  • サクラが少ない
  • マッチングアプリの入り口として、初心者が登録するので色んな方と出会う事ができる
  • 使い方がわかりやすい

ペアーズ(Pairs)は初心者の会員も多く、出会いの幅が広いことがメリットとして挙げられます。

ペアーズ(Pairs)は常に新着会員が居る

使直感的に分かるシステムになっていて、軽く30分程触るだけで充分に使いこなすことが出来るようになっています。

LINEのようなメッセージ画面でわかりやすい

会員が多く、直感的で使いやすいアプリとして、初心者にも自信をもってオススメ出来るアプリとなっています。

実際に会う段階まで行くことができれば、長期間付き合う恋人や結婚も視野に入れてお付き合いすることができます。

ペアーズを使って分かったデメリット

ペアーズ(Pairs)でのデメリットとして

ペアーズ(Pairs)のデメリット
  • 会員数が多いので、自分のプロフィールを工夫する必要がある
  • 知り合いに見られる可能性が高い
  • 女性にいいねが大量に来てしまうことで、男性は選ばれる必要がある

ペアーズ(Pairs)は会員数が多いので、女性が会う相手を選べてしまうため、会うハードルが他アプリより少し高いってのが、大きなデメリットになります。

うえっち
うえっち

男性は会員数が多いので、適当にすると上手く行かないってのがネックだね。

愛ちゃん
愛ちゃん

逆に女性は、『いいね』が大量に来るので自分で見極める目が超大事

当ブログの調べでは、20歳から40歳までの500人調べたところ女性のいいね数平均は【92いいね】でした。

女性のいいね数該当人数
0〜2060
21〜50166
50〜99134
100〜20086
200〜40042
400〜12
2022年5月当サイト調べ

顔写真のある女性の方がいいね数は多い傾向にはありますが、顔写真のない女性でもほとんどが50いいね以上と大量にいいねがきています。

そのためペアーズ(Pairs)では、男性はプロフィールの工夫や出会うための行動しない限り、上手くいきません。

うえっち
うえっち

男性が待ちの体制でいると、何も進まないのがペアーズ(Pairs)!

またOmiaiや、withのように登録者をターゲットしていないので、自分の目的と合ってない人とも出会います。

自分の意思と目的をはっきりさせる必要があることが、ペアーズ(Pairs)の最大のデメリットになると感じました。

ペアーズ(Pairs)の体験して一言

恋愛できる自分になる場所

であることを今回有料会員になって再確認しました。

うえっち
うえっち

7年前から本当にモテなかった自分が、工夫によって恋人ができると実感した場所のままでした。

自分のプロフィールや写真を変更した時に『いいね数』が増えたり、相手からの反応があるのは間違いなく、ペアーズ(Pairs)が一番です。

  • 恋愛の力自体をつけたい
  • 本気で恋活をしたい
  • 沢山の方とマッチングアプリで会いたい人

は恋愛力をつけつつ、恋活をしたい方には最適な場所です。

うえっち
うえっち

ただし男性はや○たいだけなら、絶対に他のマッチングアプリの方が、効率がいいですしカンタンだと思います。

\初心者が始めやすいマッチングアプリ/

→目次に戻る

tapple(タップル)

タップルを実際に1ヶ月行った結果はコチラ

うえっち
うえっち

相手からのいいねは全くもらえませんでしたが、メッセージ数は全てのアプリの中で最多に

タップルの特徴

20代中心で会うことに特化してる

アプリです。

ご紹介してるアプリの中で1番遅い2014年5月からサービス開始されています。

それにも関わらず登録者が勢いよく増え続けて、今現在会員数は1400万人(2022年2月時点)と、うなぎのぼりになっています。

うえっち
うえっち

会員数の増加の勢いが凄いんだよね。

年代累計会員数
2017年200万人
2022年1400万人
タップルの会員数の推移

5年間で約7倍と会員数と爆増しています。

愛ちゃん
愛ちゃん

コロナで一気にサービスを伸ばしている感じです!

爆発的に会員数が増えた、タップルの他にない特徴的な機能は

お出かけ機能

です。

お出かけ機能とは、24時間以内のデートプランから相手を探す事ができるタップル限定の機能です。

お出かけのページでは
デートプランを選択した異性が居る

異性が希望しているデートプランに、応募してメッセージを始め『デートプランでデートに行く』

とデートまでの流れが作られている機能です。

(*詳しく手順はコチラ

うえっち
うえっち

デートから相手を選べるので、会うことを前提で話しが進み、他アプリよりデートまでが手っ取り早い!

お出かけ機能から分かるように、タップルは他の4つのアプリよりも、気軽に会うことを前提に作られていることが随所にあることを実感しました。

タップルを使って感じたとメリット

うえっち
うえっち

人気急上昇中のタップルのメリットは

タップルのメリット
  • デートプランから相手を選べる
  • 会うことが前提でメッセージが始めることが出来る
  • 男性から送る『いいかも』が無料で大量に送ることが出来る

特徴でお話したとおり、タップルではお出かけ機能で、デートプランから相手にメッセージすることが出来ます。

気になるお出かけから選ぶ事ができる
うえっち
うえっち

実際に会う気があると分かってる異性とメッセージが出来るのは大きなメリットだよ!

また、異性に無料で『いいかも』(他アプリでいう、いいね)を1日で100まで送ることが出来ます。

自分から積極的に動くことができれば、異性と出会うチャンスが1番多いというのが、タップルの大きなメリットだと実感しました。

タップルを使って感じたとデメリット

タップルのデメリット
  • 4つアプリの中でタダ飯女性が1番多く感じた
  • 出会いまでが軽すぎて、不安になる
  • 女性にいいかもが集まり過ぎる
  • メッセージが返信率が1番低い
  • 男性から動かない限り、絶対になにも起きない(イケメンを除く)
  • LINEの交換に工夫が必要

タップルのデメリットは気軽さから来る、不安感です。

お出かけ機能も、女性希望のデートプランから選べることが出来ますが、タダ飯や、男を足として狙ってるような女性も…

お出かけ・タダ飯
うえっち
うえっち

こういう相手は選ばなきゃいいだけだから、悪いことじゃないんだけどね、、

また、実際にメッセージをしている中でも、ぶっちされること、1通目が返ってこないことが1番多かったアプリです。

メッセージが返ってこないことが多い

他のアプリよりメッセージも短文の方が多く、短い時間でやり取りを重ねていくことが多いので、アプリを何回も開く手間がありました。

また会うまでが早いので、ゆっくり相手のことを知った上で会いたいという方はあまりオススメできません。

うえっち
うえっち

30歳のおじさんには、圧倒的不安感!!

また、他アプリだとOKのLINE交換が2021年の10月から禁止になりました。

うえっち
うえっち

抜け道として、LINEって言葉を使わずに連絡先を交換しましたが、垢バンされる可能性もあるので、オススメ出来ません。

タップルを体験して一言

お金とイケメンと短文即返しが大事

いいかも。を大量に送れて、デートプランから選べるタップルは

  • お金がかかっても異性と会う回数を増やしたい。
  • メッセージが基本短文の性格
  • プロフィール写真に自信がある

という方にはオススメです。

タップルは会うこと前提なので、メッセージを重ねて会うよりも、写真とメッセージの第一印象が大事です。

うえっち
うえっち

正直、や○たいだけなら、4つのアプリならタップルが1番いいんじゃないかな。。。ってイメージでした。

婚活よりも恋活に重点に置いて沢山の人に会いたい方はタップルを登録してみては?

→目次に戻る

Omiai(オミアイ)

Omiaiの1ヶ月の結果はコチラ

うえっち
うえっち

いいね数は51と男性の中でも上位4%の結果に。

Omiaiの特徴

うえっち
うえっち

Omiaiの特徴は

限りなく婚活アプリに近い

といっても間違いないです。

Omiaiは登録している年代が20代中盤から40代までが、特に多く婚活を目的に行動されてる方が圧倒的に多かったです。

Omiai婚活
女性のプロフィールに婚活の文字が踊る
うえっち
うえっち

プロフィールに、『結婚前提のお付き合い』『真剣です!』と言った文字が多く見られました。

Omiaiを使って分かったメリット

Omiaiのメリット
  • 婚活目的の方が多いので、真剣恋愛がしやすい
  • メッセージもゆっくり丁寧な方が多く、自分のペースで恋愛が出来る
  • プライベートモードが無料で、知り合いにバレずに婚活出来る
  • いいねが女性からも多く来る

Omiaiは婚活寄りなので、顔だけは判断されづらいメリットがあります。

そのため、自己紹介文やプロフィールを書くことが重要です。

プロフィールは命
うえっち
うえっち

またOmiaiは、他アプリより女性からの『いいね』が多かったです。

マッチングアプリ名お相手からのいいね数

ペアーズ(Pairs)
15いいね

タップル
8いいね

Omiai(オミアイ)
20いいね

With(ウィズ)
17いいね
お相手からのいいね数
自分のいいね数のランキングも表示出来る
うえっち
うえっち

自己紹介分を丁寧に書いたことで、人生で一度もイケメンと言われたことのない僕が、いいね数で男性会員の上位4%のいいね数を貰えました。

また、他アプリでは有料のプロフィール公開範囲設定が無料で

  • 検索画面に表示されない
  • 相手の足跡に残らない

と知り合いに絶対にバレない設定ができます。

設定からプロフィールの
表示設定を変更出来る

Omiaiは婚活目的の方が多いので、メッセージが丁寧で長文な方も多く、ゆっくりしっかりと恋愛をしていきたい方には使えるアプリだと実感しました。

Omiaiを使って分かったデメリット

Omiaiのデメリット
  • 他アプリより登録金額が高い
  • 業者が多くセキュリティ面が不安
  • 女性がプライベートモードを使用していることが多く、足跡が使えない
  • 無料のいいねは、業者ばかりにいいねが行き、役に立ちづらい
  • 婚活目的が多いので、年収や職業も重視される

Omiaiは他アプリに比べて、アプリの有料会員登録の料金が高いです。

恋活マッチングアプリ 利用料金
ペアーズ(Pairs)1年プラン:19,800円(月額1,650円)
1ヶ月プラン:3,700円
(※女性無料)
タップル1年プラン:26,800円(月額2,234円)
1ヶ月プラン:3,700円
(※女性無料)
Omiai1年プラン:24,800円(月額2,066円)
1ヶ月プラン:4,300円
(※女性無料)
With1年プラン:22,000円(月額:1,833円)
1ヶ月プラン:3,600円
(※女性無料)
各アプリ最安での申し込み方法での金額表
うえっち
うえっち

プライベートモードが無料で使える分、高いんだよね。。

プライベートモードは、知り合いにバレなくするメリットもある分、相手から表示されないので『いいね』がもらなくなるデメリットもあります。

愛ちゃん
愛ちゃん

正直、男性はプラベートモードを使うと出会うのがかなり厳しくなるかと。。。

女性はOmiai以外でプライベートモードを使用するには、2,000円以上掛かるので、知り合いにバレたくない方はOmiaiがオススメ。

また、6月1日〜15日は無料で押せるピックアップ会員のみにいいねを押していましたが

Omiaiのピックアップ会員は

業者ばかりで役に立たない

ことが分かりました。

ピックアップ会員はほとんどが強制退会に

ピックアップ会員でマッチングした相手はほとんどが強制退会させられている結果に。

愛ちゃん
愛ちゃん

アルゴリズムの改善をお願いしたいのと、少し安全性に不安を覚えるよね。

ほかにも、Omiaiは婚活がメインのため

  • 職業に安定性を求められる
  • 年収は400万以下はキツイ

といったデメリットも。

うえっち
うえっち

2日だけ、職業を自由業で年収300万円代にして、いいねを配って見ましたが、全くいいねが返って来なくなりました。。。

Omiaiを体験して一言

Omiaiは

顔よりも誠実性とお金が重要

と感じました。

真面目な方・今まで恋愛をあまりしてこなかった方・年収や性格は周りから褒められるのに恋人が出来ない方・30代から恋活をしたいならOmiaiから始めて見るのが1番です。

またOmiaiで上手く恋人を作りたいなら、プロフィール写真よりも

  • 自己紹介文を詳細に書く
  • 年収・結婚の意思・職業をプロフィール欄に詳細に書く

といった部分を、他のアプリより意識しましょう。

With(ウィズ)

Withを1ヶ月使った結果はこちら

うえっち
うえっち

メッセージ数は1番少ない結果に。

僕自身は、4つ併用していたこともあり、時間が掛かるwithはあまり相性は良くなかったイメージです。

withを使って感じたメリット

Withのメリット
  • 性格診断から相性の良い相手を判断出来る
  • アプリからのアドバイスが多くもらえる
  • アンケートを使ってメッセージのネタが出来る
  • 可愛い子が多い印象を受けた。

Withは、メンタリストのDaigoが監修していたアプリで、性格診断やアンケートによって相性が良いと判断された相手に『いいね』を送ることが出来ます。

診断が度々行われる
うえっち
うえっち

自分の性格や好みから相手を選べること、診断結果からアプリからアドバイスが送られてくるのも、メリットの1つになります。

メッセージ欄にアドバイスが表示される

また、会員数は4つのアプリでは1番少ないですが、可愛い女性が多い印象を受けました

withを使って感じたとデメリット

Withのデメリット
  • 占いが面倒で他アプリより『いいね』を押すのに時間がかかる
  • 無料いいねが少なく、出会いの母数は他アプリより少ない
  • 人口が少ないので長期間の使用には向いてない
  • アプリからの通知が大量にくる。

Withのデメリットは

時間と手間がかかる

ことです。

Withの特徴である診断ですが、答えるだけで毎回5〜10分ほどかかり正直、飽きます

愛ちゃん
愛ちゃん

一回だけなら面白そうなんだけどね‥

診断してから好みの異性を探して、いいねを押す。となったら他のアプリより時間と手間がかかりました。

また無料でいいねを押す場面でも、2ステップ踏む必要がありました。

しかも、無料では1日に4人にしか『いいね』を配ることは出来ず、メッセージするまでの難易度が1番高かったです。

その割には、アプリからの通知がめちゃくちゃきました。

うえっち
うえっち

メッセージへのアドバイスや、メッセージを早く返すように急かされることで通知がいっぱいになることも。

少し返さないと通知でいっぱいに

正直、自分のペースで行いたい自分からすると、めちゃくちゃ邪魔でした。

愛ちゃん
愛ちゃん

Withを使う時には絶対に通知をOFFにすることをオススメするよ。

Withは会員数が他アプリに比べると少ないので、1ヶ月するとめぼしい相手とは、ほとんどマッチングしてしまい、後半はほとんどマッチングしなくなりました。

京都・大阪という人口が多い街で、1ヶ月で人が足りなく感じてしまったので、地方ではもっとマッチングする母数が減るんではないかと考えられます。

Withを体験して一言

手間と時間は1番かかるが、顔面偏差値高め

うえっち
うえっち

手間がかかっても好みの異性を狙い撃つイメージで使うのがいいかと。

会員数も少なく、他のアプリと仕様がかなり違うので、ペアーズ(Pairs)やタップルと併用して短期間で使うのが1番かと思います。

まとめ:大手マッチングアプリなら自分次第!一歩を踏みだそう!

自分にあったマッチングアプリに登録して一歩を踏み出そう。

今回は2022年6月に大手の4つのマッチングアプリに30歳の一般ピーポーの僕が、実際に体験してました。

結果は

アプリいいね数メッセージ相手数LINE

ペアーズ(Pairs)
79いいね50人4人

タップル
8いいね
(いいかも返信数222)
56人2人

Omiai(オミアイ)
51いいね
いいね返信数
合わせて85いいね
53人3人

With(ウィズ)
9いいね
返信合わせて45いいね
31人1人
結果一覧

と、全てのアプリでLINEを交換することが出来て、女性とのデートの約束まで、たどり着くことが出来ました。

うえっち
うえっち

どのマッチングアプリに登録しても、正しく行動すれば、異性とは出会えます!

ただし、どのマッチングアプリにも特徴がありました。

実際に4つやってみたマッチングアプリの総評としては

  • 初心者や、どれか迷ってるなら安全性と使いやすい『ペアーズ(Pairs)』から
  • 出会いの母数を増やすならいいかもが無限に近い、『タップル』
  • 結婚視野・30代、本気の『Omiai』
  • 占い好き・でイケメン・美人を時間をかけて狙い打つなら『With』

とそれぞれ特徴があることを、実感しました。

愛ちゃん
愛ちゃん

どれでもいいから、1つ選んでよ!!

って方は、歴史が長く国とも共同研究し、安心ができる上に会員数も最大級の

が1番だと思います。

うえっち
うえっち

実際に、マーケティングの調査でもペアーズ(Pairs)でしか会えない会員がいることが分かって居ます。

「Pairs(ペアーズ)」と「Tinder (ティンダー)」は約半数が併用していない一方で、「with(ウィズ)」、「tapple(タップル誕生)」、「Omiai(オミアイ)」は併用率が高く、ユーザーの獲得競争が激しい状況となっているようです。またどのアプリも「Pairs(ペアーズ)」との併用が高いことがわかりました。

マーケティングサイトのマナミナ

今回の体験では、たくさんの女性とマッチング出来、たくさんのメッセージをさせてもらいました。

マッチングアプリは正直、面倒だと感じてる場面も多々ありますが

それ以上に相手のことを考えたり、プロフィールの書き方1つとっても、勉強になりました。

うえっち
うえっち

プロフィールや写真を変えるだけで、マッチングする相手やタイプが変わるので、努力のしがいが本当にあるんだよね。

今ではマッチングアプリで会うことがスタンダードになってきています。

今まで、マッチングアプリに登録したことが無い方も、異性にモテる自分になるためにも、気になったマッチングアプリに登録してみてはいかがでしょうか?

この記事があなたのマッチングアプリへの一歩へのきっかけに慣れば幸いです。

うえっち
うえっち

それでは、次の記事で!ほなまたっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました